wimax キャンペーン ビックカメラ

 

BroadWiMAX
 

「本当にお得??」

 

ビックカメラのwimax(BIC wimax)キャンペーンですが、時々大々的に広告をしています。

ビックカメラの店頭に並んでいる家電を¥50,000引き!というのはよく見かけますが、これは本当なのでしょうか?

 

結論を言うとビックカメラのキャンペーンにはちょっと見逃してはいけないカラクリがあります

 

実はビックカメラのキャンペーンにはメリット以外に致命的なデメリットもあるんです。

購入前にビックカメラwimaxのメリットとデメリット両面を見ておくと後から「しまった」ということがないと思います。

 

uq wimaxのキャンペーンでビックカメラの3つのメリットとは?

 

まずは、ビックカメラのwimaxキャンペーンの3つのメリットです。

 

ビックカメラwimaxキャンペーンメリット1:店頭で直接聞ける

まずは、ビックカメラでwimaxのキャンペーンで購入すると当然ながら店頭にて行います。

そこで直接ビックカメラの店員さんの話を聞きながらキャンペーンやwimaxそのものについて疑問点を聞けるので、それなりに納得してから購入プロセスに進むことができます。

特にwimaxを使うのが初めてという方にはおすすめで、そもそもwimaxとは?から始まり、月額料金や電波のエリア内かなどの確認もビックカメラの店員さんが丁寧に行ってくれます

 

ビックカメラwimaxキャンペーンメリット2:その日から使える

また、ビックカメラでwimaxを契約した場合、キャンペーンに限らずその日のうち端末を入手できます。

あとは帰宅した後にwimaxを充電しさえすればすぐにネットに繋ぐことができます(工事不要!)

最近はオンラインでもwimaxを契約できますが、そういう場合は早くて2営業日後にはwimaxの到着までかかりますが、さすがにビックカメラのように当日受け取りはまだまだ難しいです

 

ビックカメラwimaxキャンペーンメリット3:高額の割引??

最後にキャンペーンのメリットとしてビックカメラ店頭に並ぶ商品の値引きがあります。

ビックカメラ側は今まで¥50,000の割引!と大きくうたっていますが・・・実質20,000円程度の割引でしかないんです

このビックカメラのカラクリについては後程ご紹介しますが、この部分が一番本サイトで伝えたい事です

 

ビックカメラよりも10,000円以上お得なプロバイダランキングを見てみる

ランキングへスクロール!

uq wimaxキャンペーンでビックカメラの3つのデメリットとは?

 

では、続いてビックカメラのwimaxキャンペーンの3つのデメリットを見ていきましょう。

 

ビックカメラwimaxキャンペーンデメリット1:割引金額が誇大表現

先ほどの続きになりますが、¥50,000の割引!とうたっていても、実は月額料金に上乗せされています

以下はビックカメラのwimaxの料金プランがありますが、キャンペーンには②のギガ放題プランの契約が条件になっています。

①通常プラン:3,696円

②ギガ放題プラン:4,380円

 

この月々4,380円という値段にプラスで1,250円を足して5,630円とし、24カ月間支払いをする契約なんです

つまり、50,000円の割引額の内、30,000円は月額料金に上乗せされていて、実質割引になるのは約20,000円分のみなんです

 

 

20,000円分はビックカメラ店頭の商品から割引ができるのは間違いありません。

でも「¥50,000引き!」と言っておいて、実は月々の料金に30,000円分は上乗せされているなんてちょっとひどくないですか?

ビックカメラwimaxキャンペーンデメリット2:キャッシュバックの金額が小さい

また、もしも20,000円の割引ではなく現金でほしい場合はそれも可能ですが、現金にすると15,000円しかもらえません

ますますビックカメラキャンペーンの値ごろ感が無くなってきています。

オンライン上でwimaxを販売している「安いインターネットは【GMOとくとくBB】」は高額な¥30,000キャッシュバックをうたっており、ビックカメラのwimaxキャンペーンはお得感に欠けます。

 

ビックカメラwimaxキャンペーンデメリット3:月額料金が高い

そもそもビックカメラのワイマックスは月額料金がやや高いです。

仮にキャッシュバックで¥15,000を現金で受け取ったとしても、¥30,000分は月額料金での負担になるので、月々の支払いに625円が足されることになります。

(30,000 - 15,000)/ 24か月 = 625円

4,380 + 625 = 月々5,005円!!

ギガ放題でもっと安く利用できるプロバイダがたくさんあるのに、これは本当にもったいないです。

 

家電量販店の店頭や店舗でのwimaxキャンペーンがおすすめできない理由

ビックカメラのwimaxキャンペーンに限らず、ヤマダ電機やヨドバシなどでもこのようなキャンペーンを行っていますが、家電量販店での店頭での購入はおすすめできないんです。

 

その理由ですが店頭での販売には説明要員の人件費がかかってしまうので、それだけキャンペーンの金額を減らさざるを得ないんです

しかしながら一見派手なキャッシュバック金額に見せて集客をするために、先ほどのような月額料金に上乗せするキャンペーンのトリックが横行してしまっています。

 

もちろん店頭で直接聞けるというメリットもありますが、そもそもスマホのように複雑なものではないのでwimaxについてそこまで聞くことはありません。

wimaxはオンラインで契約

オンライン上でwimaxを販売しているプロバイダとしては

・Broadwimax

・GMOとくとくBB

・3WiMAX

など複数社あり実はこのようなオンライン上のプロバイダと契約をした方が確実にお得です。

 

その理由は店舗を持たないので人件費等のコストを抑えられるからです

サイト上でwimaxの説明から契約まで完結すれば、人を雇わないで済むのでその分人件費が浮きます。

 

それら浮いた費用をキャンペーンに充当することができるので、先ほどのような30000円キャッシュバックも可能になるんですね。

 

 

以下は、月額料金が安い順wimaxプロバイダランキングになります。

※ちなみにどのプロバイダもUQからwimaxの電波を借りているので、速度や電波の届くエリアは同じです

Broard WiMAX(ブロードワイマックス)

☆月額料金が業界最安値☆

3年実質価格3,359円(使い放題)

キャンペーン:19,000円の初期費用無料

その他:他社wimaxからの乗り換えで違約金を上限19,000円まで負担

 

★Broadwimaxのデメリット

キャンペーンで初期費用19,000円が無料になるが、そもそも初期費用が何なのか不明(他社ではあっても3000円程度)

しかしながら実質の月額料金は月額最安値なのは間違いないです。

 

GMOとくとくBB

☆最高額のキャッシュバック☆

3年実質価格3,452円(使い放題)

キャンペーン:33,000円の高額キャッシュバック

その他:クレードルが無料でついてくる、契約後20日間はキャンセルできる

 

★GMOとくとくBBのデメリット

・解約時にSIMカードの返却が必要(解約翌月末までに返却しないと3000円請求される)

・キャッシュバックを受け取りにくい工夫がしてある

(例)契約から11カ月目に申請用のメールがGMOに発行されたメルアドに来る、メールのタイトルが分かりづらい等

3 WiMAX

☆auユーザーならこちら☆

3年実質価格3,534円(使い放題)

キャンペーン:28,000円のキャッシュバック

その他:auユーザーは月額料金が最大1,000円割引

 

★3WiMAXのデメリット

・契約から24か月以内に解約の場合、キャッシュバックが返金になる

・キャッシュバックが受け取りにくい仕組みがしてある

(例)契約から13カ月目に申請用のメールが3wimaxに発行されたメルアドに来る、メールのタイトルが分かりづらい等

※現在最新の通信はwimaxではなくwimax2+ですが、上記ランキングはどれも最新のwimax2+です。

wimaxキャンペーンビックカメラのまとめ

ビックカメラのキャンペーンのカラクリ、いかがでしたでしょうか。

 

ビックカメラのキャンペーンは一見とてもお値打ちに見えても実はカラクリがあり、お得感でいうとbroadwimaxなどのオンラインの会社には負けてしまいます。

 

店頭で直接疑問点を聞けるというメリットからビックカメラのキャンペーンを選ぶ方法もあります。

でも例えば、BroadWiMAXとビックカメラのキャンペーンでは二年間のトータルコストが¥35,000以上の差になってきます。

 

この記事を読んでいただいた方には、ビックカメラのキャンペーンの見せかけの値段で誤魔化されないようにしてほしいです。

 

 

あなたの愛車は今いくら?
 

ハナユメウエディングデスク
 

新聞でも絶賛の子供成長サプリ【カラダアルファ(α)】

公開日:
最終更新日:2017/11/13